シュプール HRX 現像液 0.5l
Spur HRX 0.5l

  • モデル: HRX
  • メーカー: Spur

3,880円

 売り切れ 
ドイツ フィルム化学専門 Spur社の特化現像液シリーズ
微粒子に特化した現像液!



【特徴】
シュプールHRXは、高いシャープネスと素晴らしい細部のコントラストを兼ね備えた微粒子現像液です。そのためフィルム感度はやや低下します。他の微粒子現像液よりも高いシャープネスと細部のコントラストは、優れた解像度を実現します。

この現像液は、すべての感度のフィルムに使用できます。

濃縮液の最小量は、35mmフィルムの場合8mℓ (A液+B液)です。

この現像液は非常に微粒子のため、晴れた空やビルのガラス窓など、滑らかで均質なエリアが多く含まれる写真に最適です!

【希釈】
10mlの現像液を使用の場合、A液5ml、B液5mlの同量を使用します。

【現像時間】
現像時間はこちらを参考にしてください。

【攪拌】
最初に2回倒立攪拌後、60秒待ち、その後1回反転させます。

【貯蔵期間】
最低2.5年間貯蔵できます。

Spur HRX Spur HRX Spur HRX
Spur HRXSpur HRX
【Spurは開発した現像液名に略語を使うのがお好き】
会社名SPURは、“Speed Photography and Ultrahigh Resolution(高感度写真撮影と極めて高い解像度)”を略したものです。
そして、この微粒子現像液 「HRX」の製品名は、"High resolution X(高解像度なX)"の略です。"X"とは、現像液Xtolを暗に示しています。HRX現像液は“Xtolより良くより微粒子の現像液”を意味しています。


【Spur社とその現像液について】
HRXはシュプール社の特別な現像液シリーズの一部です。
シュプールHRX -> 微粒子でありながら、他の微粒子現像液に比べて高いシャープネスが得られます。
シュプール SLD -> フィルムの公称感度により忠実で、高いシャープネスと細部のコントラストが特徴です。

Heribert Schain(ヘリバート・シャイン)および彼の運営する Spur (speed photography + ultrahigh resolution) 社は、小さな会社ですが、技術的には大手デベロッパーメーカーです。ドイツ内外でフィルム化学の専門会社としてよく知られており、また一定の敬意を払われています。

彼らは自社名で現像薬品を提供しているだけではなく、AdoxとRolleiのための製品を開発・製造しています。
他の企業のブランド名の元で販売されている製品には、Adox AdotecII、Adox Silvermax、Adox Adolux ADX、Rollei RPX-D、Rollei RHC、 Rollei Supergrain..など、多くの有名な現像液を世に出してきました。

フィルム加工の化学の蓄積された知識と技術による優れた品質のSPUR社製品は、フィルム乳剤を最大限に活かす素晴らしいネガを生みだします。

ヘリバート・シャイン氏へのインタビューページも、是非あわせてお読みください。

内容量:A濃縮液250ml、B濃縮液250ml
製造:ドイツ製

Dev Chart

Facebook

Twitter

Youtube

チュートリアル

Copyright © Silversalt