● リス現像について

高希釈されたヒドロキノン現像液は、それが露出オーバーの場合、プリントにカラートーンを作成します。(現像プロセスにおいて、酸化プロセスの製品が加わる場合は特に)

リス現像液は、ヒドロキノンという現像物質だけを含んでいます。酸化からヒドロキノンを保護する別の物質がなければ、それはアルカリ液の中で即座に酸化してキノンになります。キノンには現像能力はありません。リス現像には、その中間生成物であるセミキノンが使用されます。もし―リス現像液を少量使用後、あるいは注射器での注入により―十分なセミキノンが発生した場合、それはセミキノンが現像プロセスに加わったこと を意味します。セミキノンはヒドロキノン以上に、はるかに積極的です。

現像における一定のポイントで、現像の”感染”が起こります―現像が最も進んだエリア(シャドウ)上で、突然、黒化が起こります黒化は中間トーンへ広がっていき、詳細のないシャドウとなってしまうため、現像処理は、即座に中断されるべきです。

色を増進させるためには、現像は長時間を要します。4分以上の現像時間をリスプリントと呼ぶことができます。最良の結果は、通常6~12分で得られます。

リス現像液には、より長い時間によって色を得るために、現像反応を遅らせる物質が多く含まれています。 リスプリントには露出オーバーを必要とします。ペーパー上の乳剤がより光を得ることで、より色が得られる結果となります。露出が高いほど、現像液は、より希釈する必要があります。1~4ストップ露出オーバーが通常リスプリントに必要です。

**ご注意**いくつかの印画紙は、直接リスプリントするにはふさわしくないものがあります。 そのような印画紙にはリス再現像液が解決してくれるかもしれません。

リス

シュバルツシルト・エフェクト(露光量補正)の問題を避けるためには、露出時間をより短くする必要があるため、どんなフィルターも使用しないこと をおすすめします。4ストップより長い露出時間の場合、シュバルツシルト・エフェクト(露光量補正)の問題が出てくるかもしれません。グラデーションのコントロールはリスプリントの場合、重要ではありません。

リス
露出 : +1 ストップ
希釈 : 1+20 (A液 20ml + B液 20ml + 水 800ml )
現像時間 : 10分

結果 : 高コントラスト、非常に高密度なシャドウのはっきりしたリスプリントさらに色が欲しい場合、露出がさらに必要になります。

リス
露出 : +1.5 ストップ
希釈 : 1+20 (A液 20ml + B液 20ml + 水 800ml )
現像時間 : 10分

結果:より色が出て、よりソフトなグラデーション。 より長い露出のため、シャドウエリアはそれほど広くありません。 しかし、シャドウにもっと深みが必要です。

次の例では、露光はハーフストップを加えて再度行いました。
現像液を1+25に希釈(A液20ml B液20ml + 水1000ml)

リス
露出 : +2ストップ
希釈 : 1+25 (A液20ml B液20ml + 水1000ml)
現像時間 : 11分

ライト部分の色とグラデーションは良いです、しかし、シャドウがあまりにも重たいです。
より短い現像時間のほうが良かったはずです。

リス
露出 : +2 ストップ
希釈 : 1+30 (A液20ml B液20ml + 水1200ml)
現像時間 : 11分

n現像時間を短くする替わりに、現像液をさらに希釈することができます。
希釈率1+30以上は可能ですが、現像液はプリントごとに異なる反応をします。

なぜなら、現像液が使い果たされることで現像が遅くなるからがひとつ、もうひとつは高希釈液が酸化生成物に強く反応するからです。

セミキノンの濃縮比がより高くなり、現像を邪魔する臭化物が形成されます。これは、新しい作業溶液で定期的に現像液をリフレッシュするだけで補正をすることができます。

Dev Chart

Facebook

Twitter

Youtube

チュートリアル

Copyright © Silversalt