マーシュ リス ブリ―チ
Moersch Lith Bleach

  • モデル: LITHBLEI
  • メーカー: Moersch

2,620円

カートに入れる:
リスを再現像するためのブリーチ剤



【特徴】

リスを再現像するためのブリ―チ剤です。

リスプリントに適さない印画紙は、従来の現像と全体のブリーチ(ハロゲン化)の後、に再現像することができます。もちろん、リスプリントに適した印画紙への通常プリントもまた再現像できます。

リスプリントの再現像を行うには、リス用現像液と、このブリーチ剤が必要です。

最初の現像は通常の現像液で行います。そして停止浴、定着浴を行います。シャドウがそれ以上の詳細を示さなくなった場合でも、完全な黒になるまで現像することが重要です。

このコッパーブリーチは、イメージが殆ど退色するまで約1分(原液で)必要です。画像上に残る淡い黄色に少しの違いも示されるべきではありません。全てが同じ淡い黄色になるまで待ちます。確実にするために、退色の時間を倍にすることをおすすめします。

【使用法】

再現像する必要のあるプリントは、通常のプリントよりもより暗く柔らかく(通常プリントに比べて弱いコントラスト)なければなりません。露出オーバー50-80%位が良いでしょう。60%オーバー露出で開始することをおすすめします。再現像はライト部分の詳細が全て明らかになるところまで到達する前に中断する必要があるため、モチーフが高コントラストの場合、ライト部分は純粋な白よりも少し暗くする必要があります。シャドウが詳細を多く表さない場合でも、柔らかいグラデーションは、したがって必要かもしれません。

ブリーチと短時間の洗浄(10分)の後、プリントを高希釈のリス現像液で再現像します。
温度は35-42℃でなくてはなりません。
再現像の際の現像液の希釈率は、1+200(原液+水) 以下では強すぎます。ライト部分が現像される前にシャドウ部分が暗くなってしまいます。 1+300~1+400の間での希釈がお勧めです。高希釈において、シャドウが十分に強くない場合は、より低い作業溶液(1+200)で、シャドウを強くすることができます。
定着浴で明るくなるので、現像をストップする前は、プリントは希望よりも暗めであるべきです。定着浴の後、色は中間色ではまだ赤茶っぽく、ライト部分は黄色がかって見えます。シャドウ部分は乾燥中によりクールトーンを得ます。乾燥後に初めて本当の密度が示され、コントラストが強くなります。

希釈 : 1+1(ブリーチ原液+水)

内容量 : 500ml
製造 : ドイツ

Dev Chart

Facebook

Twitter

Youtube

チュートリアル

Copyright © Silversalt