マーシュ セパロル Soft 現像パウダー(濃茶~冷黒調)
Moersch Separol Soft

  • モデル: SEP-SO
  • メーカー: Moersch

1,860円

カートに入れる:
ヒドロキノン不使用でも最大密度を実現!厳格なEUガイドラインに認められた環境配慮の現像剤!
柔らかなグラデーションでブラウン・ブラック~コールドブラックトーンまでのトーン調整可能なドイツマーシュ社の現像パウダー


【Separol現像ファミリーの特徴】

・セパロル現像剤(Separol NE、HE、Soft、WA)は、ヒドロキノンおよび いか なる腐食性の化学薬品を含まない、パウダーベースの現像ファミリーです。

・セパロル現像剤は、非常に厳格なEUガイドラインに、環境に危害を及ぼさない現像剤として認定されています。現像剤の主物質は、アスコルビン酸の派生物であるため、現像液を準備する際の危険がありません。

・セパロル現像剤は、フォト印画紙のすべてのタイプに適しています。

【Separol Soft の特徴】

・柔らかなグラデーションでブラウンブラック~コールドブラックトーン(濃茶~ 冷黒調)までのトーン調整が可能です。

・現像パウダー + スタビライザ(フィニッシャー・ブルー)50mlから、貯蔵液 1ℓ (= 作業溶液6-10ℓ)を作ることができます。

・セパロル Soft(NE、HE)は、付属のトーン・スタビライザ(Finisher Blue) を用いて、イメージトーンを変えることができます。

・セパロル Soft を HE、NE、WA現像剤と混合することで、2浴現像や微調整が可能になります。
2浴現像を行う場合、印画紙はミドルトーンが終了するまで HE、NE、WAの各現像剤で現像します。
第2浴でSoft現像剤(希釈率:1+5~1+9)を使用しライト部が現像されます。

・スタビライザ(フィニッシャー・ブルー)を加えないと、トーンは濃茶になるため、少なくともスタビライザの半分を使用することが推奨されています。
冷黒調にしたい場合、スタビライザ(フィニッシャー・ブルー)50ml全てを加えることで最高のパフォーマンスが得られます。

【Separol Softの処理能力】

1ℓ(希釈率:1+5)の作業溶液で、24x30cmの印画紙 約30枚に使用できます。

【各現像液の主な特徴】

Separol NE
- ニュートラル~コールドブラックトーンまでのトーン調整が可能(中間~冷黒調)
- 優れたシャドウ分化を示す高密度
- 現像パウダー + スタビライザ50ml から貯蔵液2ℓ (= 作業溶液8-12ℓ )を作ることができます

Separol WA
- ウォームブラックトーン(温黒調)
- 現像パウダーから貯蔵液2ℓ (= 作業溶液8-12ℓ) を作ることができます

Separol Soft
- 柔らかなグラデーションでブラウン・ブラック~コールドブラックトーン(濃茶~冷黒調)までのトーン調整が可能
- 現像パウダー + スタビライザ50ml から貯蔵液1ℓ (= 作業溶液6-10ℓ) を作ることができます

Separol HE
- WAより温調に また NEより冷調に、フレキシブルに利用できます
- ブラウン調からブルー-ブラック調までのトーン調整が可能
- トーンカラー調整やトーン分化のために、現像パウダー + 2溶液から貯蔵液1ℓ (= 作業溶液8-10ℓ) を作ることができます

【各現像剤の貯蔵性】

**ご注意**パウダー現像剤は薬品が均一に混ざっていない場合がありますので、分けて使用せず、一度に使いきって溶液を作ってください。

Separol NE、WA
貯蔵液:ガラス瓶一杯に満たされた状態 もしくは 瓶に保護ガスが充填された状態で1-2年間。
作業溶液:数週間*

Separol HE
貯蔵液:5か月
作業溶液: 数か月*

Separol Soft
貯蔵液:約6-9か月
作業溶液: 4週間* (*作業溶液は空気遮断の状態での貯蔵性を示しています)

内容量 : Moersch Separol Soft(現像パウダーA、B、Finisher Blue 50ml)
製造 : ドイツ製
**日本語による使用説明書が付いています。

Dev Chart

Facebook

Twitter

Youtube

チュートリアル

Copyright © Silversalt