アグファ Copex Rapid 135 コンボ
Agfa Copex Rapid 135 Combo

  • モデル: CORACOM135
  • メーカー: Agfa

6,840円  6,340円
割引: 500円 OFF

 売り切れ 

取扱いが簡単!
高解像度ドキュメントフィルムAgfa Copex Rapid 135と専用現像液Spur Dokuspeed SLのコンボ!


パンクロマチック マイクロフィルム、白黒、ISO50/18°

【本コンボ商品について】

この商品は、高解像度ドキュメントフィルムAgfa Copex Rapid 35mmフィルム5本と、専用現像液Spur Dokuspeed SL現像液がセットになったものです。この現像液1本からはAgfa Copex Rapid 35mmフィルム10本が現像できますので、このコンボに含まれるフィルム5本を使い切った後、Agfa Copex Rapid 135 (あるいは120)フィルムをあと5本処理することができます。

**ご注意 ** Agfa Copex Rapid 135フィルムとSpur Dokuspeed SL現像液は最高の結果を得るためのひとつのシステムと捉え、常にセットでお使いください。Copex Rapid 135を他の現像液で現像した場合、満足な結果を得るものではありません。

【Agfa Copex Rapid 135フィルムの特徴】

非常に高い解像度(600本/mm)を持つ、パンクロマチック マイクロフィルムです。
シャープネス増大を実現するハレーション防止層。
感度 ISO50/18°
リバーサル現像をすることができます。

**合成フィルムベース フィルム取扱上の注意点**
乳剤は優れた長期かつ次元的安定性を提供する、透明な合成ベース上にコーティングされています。
フィルムをカメラから出し入れする際は常に影のある場所で行って下さい。
フィルムがカメラ内にあるとき以外は常に黒の遮光フィルム容器内に保管してください。
これらのアドバイスが遂行されなかった場合、基材を通して露光画像に光湿潤を引き起こす可能性があります。

Copexは、 Adox CMS 20 IIのような極端に高い解像度は持ちません。しかし、感度はより高いです (Copex: ISO 32/16°, CMS: ISO 12/12° - ISO 20/14°)。
またCopexはパンクロマチック、CMSはオルソパン クロマチックフィルムだということも覚えておくと良いでしょう。
両フィルムとも、すこぶるきめが細かく、驚くべきディテールを示してくれます。

【Spur Dokuspeed SL現像液の特徴】

Spur Dokuspeed SLは、高解像度ドキュメントフィルム Agfa Copex Rapid のための、特別な現像液です。

Dokuspeed SLは、ビギナーの方でも簡単に取り扱うことができます。エラーに対する耐性が非常に高いため、ビギナーの方でも高解像度フィルムの現像をお楽しみいただけます。

Dokuspeed SLは、旧モデュラーUR現像液に比べ、詳細のコントラストがより高く、シャドウ部のデティールがより優れており、また、高コントラストでのモチーフはもはや問題とはなりません。また貯蔵性に関しても3-4年間と、より長いものになっています。

非常に高い露光範囲により、高コントラストでさえ習得することができ、また美しい色調範囲を達成することができます。

Dokuspeed SLは、旧モデュラーUR現像液よりも安価です。フィルム単位での現像にかかる費用が低くなっています。

現像液は2部構成になっており、それらは使用前に混合します。
フィルム感度はISO 25/15°~ISO 50/18° で調整可能です。
**コントラスト別の混合指示などの詳細データは、製品添付の日本語による説明書に示されています。

【貯蔵性】

A液は現像主薬を含むため、酸素から保護する必要があります。保護ガスの使用が推奨されます。

B液は現像主薬を含まないので、いかなる保護をする必要はありません。
貯蔵性はボトル開封前で3-4年です。 作業溶液は、保存ボトル一杯まで満たした状態で4週間まで保持することができます。

【処理能力】

この製品1つ(A液250ml、B液100ml)から Copex Rapid 135 または120 フィルムが10本処理できます。

250ml作業溶液:35mmフィルム1本を現像することができます。現像後、この作業溶液は再び使用するべきではありません。
500ml作業溶液:35mmフィルム2本、あるいは120フィルム2本を現像することができます。
現像は2本同時に、あるいはそれぞれ1本ずつ現像することができます。1本ずつ2回に分けて現像する場合でも現像時間を変更する必要はありません。2回目の現像は約4週間の貯蔵期間内であれば行うことができます。

【Spur(シュプール)社について】

Heribert Schain(ヘリバート・シャイン)および彼の運営する Spur (speed photography + ultrahigh resolution) 社は、小さな会社ですが、技術的には大手デベロッパーメーカーです。ドイツ内外でフィルム化学の専門会社としてよく知られており、また一定の敬意を払われています。
彼らは自社名で現像薬品を提供しているだけではなく、AdoxとRolleiのための製品を開発・製造しています。
他の企業のブランド名の元で販売されている製品には、Adox アドテックII、Adox シルバーマックス、Adox Adolux ADX、Rollei RPX-D、Rollei RHC、 Rollei スーパーグレイン..など、多くの有名な現像液を世に出してきました。
フィルム加工の化学の蓄積された知識と技術による優れた品質のSPUR社製品は、フィルム乳剤を最大限に活かす素晴らしいネガを生みだします。

ヘリバート・シャイン氏へのインタビューページも、是非あわせてお読みください。

内容 : Agfa Copex Rapid 135 36枚撮 × 5、 SPUR Dokuspeed SL 現像液(A液250ml、B液100ml) x 1
製造 : Agfa Copex Rapid 135/ベルギー 製、 SPUR Dokuspeed SL/ドイツ製

Dev Chart

Facebook

Twitter

Youtube

チュートリアル

Copyright © Silversalt