JOBO社 CEO ヨハネス・ボッケミュール氏 インタビュー

JOBO J. Bockemühl
J. Bockemühl

"Get real. Go analog. Go JOBO!”

インタビューシリーズ第3弾!

JOBO社 CEO Johannes Bockemühl氏 インタビュー

私、Moog(Silversalt)がJOBO(ヨーボ)タンクを初めて使用したのは、1983年、学校の写真クラブでフィルム現像をした時でした。
それ以来、その高い品質と良心的なサービスに魅せられ、私は常にJOBOタンクを使ってきました。
JOBOタンクの長所は、現像しなくてはならない全フィルムサイズに対応可能という、非常に拡張性の高いシステムにあります。また、長期間の使用に耐える堅牢さも挙げられます。

さて、私たちSilversaltでは、今後、JOBOと連携していくことになりました。今回、このことを皆さんにお知らせできとても嬉しく思います。
Silversaltでは、JOBOのより多くの製品をご提供してまいりますし、JOBO全パーツを、Silversaltでオーダーできるようにしていく予定です。

2017年に入り、私たちは、JOBOの現CEOであるJohannes Bockemühl(ヨハネス・ボッケミュール)氏へ、インタビューを行いました。以下にご紹介いたします。

Silversalt:ヨーボでは今、第3世代のフィルムプロセッサー「JOBO自動プロセッサ」を提供しています。ユーザーにとっての利点とはどのようなものでしょうか?

J. Bockemühl: フィルムの処理中、それら唯一無二のネガは、完全に現像されることが重要です。
「JOBO自動プロセッサ」は、常に再現性のある結果を提供します。これにより、フィルムのタイプごとに正確な現像時間と温度を得ることができます。
白黒フィルムの場合、温度制御は通常それほど重要ではありません。しかし、完璧で均一的なシートフィルムの現像は、「JOBOエキスパートタンク」での回転現像が絶えず行わなければ、非常に困難なものとなります。手作業で行う現像で、シートフィルム全体に均一のグレーを達成することは、ほとんど不可能です。
もちろん、プロセッサの主な利点は、カラーフィルムの現像であります。「JOBOプロセッサ」では、+/- 0.2℃の温度制御が可能ですから、C-41やE-6の(薬品で汚されることのない)クリーン現像には、絶対的な信頼を置くことができます。 とはいえ、情熱的なフォトグラファーにとっては、ペーパー現像も非常に重要です。
黒と白は確かにトレイで現像されますが、優れたRA-4現像は、「JOBOプロセッサ」で、正確な時間と共に、温度制御されて行われる必要があります。もっぱら35mmフィルムと120フィルムで活動されている全ての写真愛好家の皆さんには、「CPE-3」で装備は完璧です。もちろん、リフト付きです。
また、「CPP-3」は、大判フォーマットをお使いの情熱的なフォトグラファーに最適なプロセッサです。このプロセッサには、最も重要なプロセスが格納されており、「JOBOエキスパートタンク」と互換性があります。

JOBO

Silversalt: Joboは、比較的小規模マーケットにサービスを提供する、伝統的かつ革新的な会社です。 Jobo は御社の製品がコピーされることに脅威を感じていますか?

J. Bockemühl: もちろん、小さなアナログ市場向けの新製品を開発するティンカーや小さな企業は、常に存在します。
私たちは、ハロゲン化銀(フィルムフォトグラフィ)へのどのようなコミットメントも、原則的に歓迎しています。
とはいえ、水浴において可能な限り均一のコンスタントな熱制御というのは偶然には起こらないことは、過去が示している通りです。地道な実験がなければ実現は困難です。
我々のエンジニアは、常に信頼性の高い主力である「JOBO プロセッサ」を作るための製品設計に、多くの時間と労力を費やしてきました。ですからJOBOは、今日、この既存の知識を利用することができます。
世界中の伝説のフォトグラファーが我々の機器に頼ることを好まなかったことは偶然ではありません。JOBO のモジュラーシステムは、市場で唯一の存在です。私たちのタンクのほぼ全てに、私たちのプロセッサとの互換性があります。
変換キットは、考えられるほとんどすべての方向にご用意があります。JOBO のお客様は、ゼロから開始しなければならないということがありません。お持ちのJOBO暗室製品は、お望みの殆どのことに拡張ができます。
私たちの最大の競争相手は、ここ10年間、私たち自身なのです。平均をはるかに上回るJOBO機器の耐性年数により、20~40年間の使用後においても、まだ健在であったりします。
ここ数年で世界的に起こっている小さなアナログ復活に、中古市場でのヨーボ機器の価格は大幅に上昇しています。ですから私たちはお金持ちにはなりません(笑)。
しかし、少なくとも、私たちは新しく製品化されたアナログ機器で市場に存在し続けることができると思います。これは写真業界の遺産への、私たちのささやかな貢献です。

Silversalt: フィルム写真の未来をどのように見ていますか?

J. Bockemühl: デジタル写真へのパラダイムシフトは、我々デジタル世代に決定的な勢いを与えています。JOBO が一晩中、世界最高のスポーツ選手の勝者ポーズを翌朝の朝刊に掲載するために、ラボラトリーでオリンピックゲームに伴っていた時代は終わりました。インスタントコーヒー、ファーストフード、インスタント写真、全てがインスタントです。しかし、本物のコーヒーは、インスタントコーヒーではありません。洗練された料理はファーストフードには存在しません。
別の場所に瞬間だけ転送するデジタルではない、”時間”を越えて瞬間を保持する写真には、内側のビジョンが必要です。真実、美しさ、および善を転送する写真―完璧で唯一の写真は、チャンスがそこに潜んでいた場合があるとしても、普通、偶然の結果ではありません。
フィルム写真は、デジタル写真の対極にあるだた一つのものです。”バーチャルリアリティ” でない―つまり ”増やされた現実” でない本当の写真撮影です。

トレイにS/Wピクチャが ”出現する” のですから、暗室にはある魔法があります。
潜在的なイメージの可視化が起こります。
物理学が美学になります。
これはリアルクラフト―つまり職人技なのです。
ここでは、以前の世紀に戻るのです。
ラグジュアリーな減速した世界は、私たちの魂にとってよいことです。
処理をし、セーフライトのもとで行われる露光と現像のエキサイティングな期待、そして光の下での最終的な評価…
それは、レクタングルのピクセルへ余儀なくされることもなければ、デジタル化することもできない、100%アナログ処理です。
アナログ画像は、決して0と1のバーチャルへ分解されません。この意味において、アナログ写真は常に ”本物の” 写真なのです。

私たちのモットー "本物を手に入れ、アナログで行こう、JOBOで行こう”の通りです。
おそらく、デジタルカメラの販売が減少している一方で、フィルム製造者が再び売上増加を報告していることは偶然ではないでしょう。特に、ロールフィルムとシートフィルムの販売数は上昇しています。
これは、写真撮影にとって途方もない機会なのです。アートにとっても、本物の画像、真実と美しさにとっても。

インタビュアー:Silversalt Tim Moog
インタビュイー:JOBO CEO J. Bockemühl
翻訳:Silversalt 谷 薫

JOBO

Dev Chart

Facebook

Twitter

Youtube

チュートリアル

Copyright © Silversalt