メーカー

Color Implosion

● 現像液がまだ使用可能かどうかをテストする方法

How to test if a developer still can be used

時々、私は棚の奥に現像液の入った古いボトルを見つけます。
私はこの現像液がまだ良好な状態にあるのかどうかわかりません。
ですから、これを使って良く撮れた写真のフィルムを現像するのはリスキーです。
これは、そんなとき、まだ現像液が使えるのかどうかをチェックするための短いテスト方法についてです。(画像はクリックすると大きく表示されます)

説明書に従って現像液を混合します。
フィルムを小片にカットします(たとえばフィルムリーダーから)。
フィルム片を水に入れて濡らします。

テストグラスに現像液を入れ、デイライト下で5分間連続攪拌して現像します。

フィルムを短時間、定着します。

光量のある場所にフィルム片を置き、以前に正しく現像が行われたフィルムのリーダー部分と色を比較します。
正しく現像されたフィルムのリーダーと同じような濃度がそこになければなりません。
さらに、線があってはなりません。
これらの状況が満たされていれば、現像液はまだ使用することができます。
もしそうでない場合(正しく現像されたフィルムのリーダーよりも色が明るいなど)は、現像液は破棄してください。

*下の写真では、左側のテスト片は、右側の正しく現像されたフィルムのリーダー片に比べて、色が明るくなっています。このような場合、この現像液は使用できません。

Dev Chart

Facebook

Twitter

Youtube

チュートリアル

Copyright © Silversalt