● ルミ インコフィルムの使用方法



【インコダイとインコフィルム】

ルミ インコダイは、太陽光の元で現像ができる、画期的な染料です。
この染料をつかって、お気に入りの布地にプリントすることができます。

あなたが撮ったお気に入りの写真とルミ インコダイを使って、個性的なTシャツやバッグが簡単に作れてしまいます!
使用する写真は、お手持ちのプリンターでルミ インコフィルムを使用してネガを作成し、布類にプリントします。

【使用方法】

ルミ インコフィルムには、ハイコントラストのネガを可能にするコーティングが施されています。
衣類へのプリント結果を良好なものにするには、ハイコントラストであることが重要です。
また、プリントは、コーティングが施された面にする必要があります。
コーティングされている面を調べるのは簡単です。指を濡らし、フィルムに触れてみてください。粘着性のある面がコーティング面です。

**注意**プリントはコーティングされている面に行いますが、布に触れる面はコーティングされていない面がくるようにしてください。 (プリンターのインクはウオータープルーフではないので、染料を塗った布に直接触れないようにコーティング面を上にします)

ステップ1:オリジナルの画像

Photoshopなどの画像処理ソフトでプリントしたい画像を開きます。
Buddha Original

ステップ2:画像の調整

コントラストを高くし、画像にある不要なものを削除します。
Buddha Changed

ステップ3:ネガの作成

画像をネガティブに変換します。
Buddha Inverse

通常の写真現像と同様、ネガの黒い部分は白く(インコダイでは布地の色のまま)、白い部分は黒く(インコダイではインコダイカラ―に)プリントされますので、布地に現れるイメージは、 写真と同じものになります。

**注意!!**必ずプリントは、コーティングされている面に行ってください!コーティング面は、湿った指先で触るとぺたっとしています。後の現像の際には布に触れる面はコーティングされていない面がくるようにします(プリンターのインクはウオータープルーフではないので、染料を塗った布に直接触れないようにします)

【プリントする布地について】

ルミ インコダイは、太陽光やUVライトの元で写真現像ができる、ルミ社の画期的な染料です。
この染料をつかって、お気に入りの布地にプリントすることができます。綿、ウール、シルク、スエード、木など、植物性もしくは動物性の繊維であれば大丈夫です。一度染まった後は洗濯しても色落ちすることはありません。
**ご注意** 皮と木の場合は未処理のものを使って下さい。また、結果はより実験的なものになりますので、何度かの試行が必要になるかもしれません。

この染料と写真ネガを使って、太陽光に当てれば、たった数分で、ネガが現像されてイメージが鮮明に現れます。

ルミ インコダイの製品ページへは、こちらからどうぞ。

Dev Chart

Facebook

Twitter

Youtube

チュートリアル

Copyright © Silversalt